鶴鳴館とは

鶴鳴館の歩み

明治16年、東京薩摩藩屋敷跡地に外国からの賓客や外交官をもてなすための社交場「鹿鳴館」が建てられました。
薩摩の地においても、鹿鳴館のような世界に通用する一流の社交場をと、明治30年、鶴丸城二の丸跡地に「鶴鳴館」はその第一歩をしるしました。

以後明治末から昭和初期にかけては、東郷平八郎元帥をはじめとするハイカラな日本海軍トップ御用達のサロンとして、また昭和47年には、今上天皇・皇后両陛下がお立ち寄りになられた宿として、歴史と共に「おもてなしの心」を刻んで参りました。

そういった百有余年の歩みの中で、多くの非凡な料理人を排出し、この地の食文化を支えてきたのが「鶴鳴館 鶴家」です。

鶴家がお客様にお手伝いできる7つの特徴

昭和10年に、当時天皇陛下がおでましになられる国内最大行事であった陸軍の「大演習」が鹿児島の地でおこなわれました。
その大演習で統監部への食事を「鶴鳴館」に任されました。電化製品もほとんどない当時に、1週間毎日500人分の仕出しを行いました。しかも天皇陛下をはじめ国の重鎮の方々が相手です。

食中毒はおろか少しの失態も許されません。
そして極限の緊張の中、1週間を滞りなく無事に終えた後、天皇陛下より最大級の賛辞を賜った小山ミツは人目をはばからず泣いたそうです。
これが鶴鳴館 鶴家仕出しの原点となっています。

現代もその精神を引き継ぎ、まずは安全、安心、そしてご家族や会社の繁栄を願いながら、
誠実に美味しい料理をお届けするように心掛けております。

ご注文方法

鶴屋 メーでのお問い合わせ 0120-29-2241

ご注文までの流れ

0120-29-2241
1上記番号へ電話をする
2ご利用の商品名・お客様名・お届け場所・お届け日時などをお知らせください。※後日銀行振込をされる方は注文時にお知らせください。
3お支払いは原則として、商品と交換で現金で頂いております。※確認の電話が必要ない方は注文時におっしゃってください。
4お届け日の2日前に弊社より確認の電話を致します。
5注文時にお伺いした時間・場所に確実にお届けします。